瀬戸大也 400個人メドレー、日本記録まであと0秒04でV「五輪では世界記録も目指したい」

[ 2020年1月25日 17:10 ]

競泳 KOSUKE KITAJIMA CUP第2日 ( 2020年1月25日    東京辰巳国際水泳場 )

<北島康介杯>男子400メートル個人メドレー決勝、大会新のタイムで優勝し笑顔の瀬戸大也(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 男子400メートル個人メドレーに、16年リオ五輪銅メダルの瀬戸大也(25=ANA)が出場し、4分6秒09で優勝した。自身の持つ4分7秒95の自己ベストを大幅に更新。さらに萩野公介(25=ブリヂストン)の16年リオ五輪金メダルレースでマークした日本記録(4分6秒05)に0秒04差に迫るタイムだった。

 電光掲示板を確認した瀬戸は、「おしいなー」と苦笑いを浮かべた。「タイムはびっくりしています。ひそかに日本記録は狙っていたけど、ここまでのタイムが出るとは思っていませんでした」と振り返った。ここ1週間ほどは体調不良により、2日前の練習では400メートル泳ぐのみだったという。「不安はあったが、この状態でタイムを出せたのは自信になった。五輪では世界記録(4分3秒84)も目指したい」。新たな目標を胸に、瀬戸がさらなる高みを目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月25日のニュース