貴景勝 マイペース調整「スタミナをつけて戦える体にしたい」

[ 2020年1月6日 05:30 ]

12日初日 大相撲初場所

ぶつかり稽古で胸を出す貴景勝                               
Photo By スポニチ

 大関・貴景勝は都内の千賀ノ浦部屋で稽古を行った。相撲を取る稽古を開始して2日目とあり、幕下力士を相手に動きを試しながらマイペース調整。

 「だいぶ調子が上がってきたんじゃないですか」とうなずいた。昨年末にインフルエンザで体調を崩した影響で、喉に違和感があり声も依然としてかすれている。それでも問題ないようで、「スタミナをつけてしっかり15日間、戦える体に持っていかないといけない」と前向きに話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月6日のニュース