ヤマハ発動機 ヘルウヴェが一日警察署長「いい経験に」トップリーグ開幕へ士気高める

[ 2020年1月6日 18:41 ]

磐田警察署の鈴木宏哉署長(右)から指揮棒を渡される一日警察署長のヘルウヴェ
Photo By スポニチ

 ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機のフランカーで、W杯日本代表のヘルウヴェ(29)が6日、静岡県磐田警察署の一日署長を務めた。

 10日の「110番の日」を前に、磐田市のららぽーと磐田で開かれた同署のキャンペーンに参加。制服姿で鈴木宏哉署長から委嘱状、指揮棒を手渡されると来場者に同署の110番標語「ワンチーム、安全つなぐ110番」をPR、クイズなどを通して110番通報の適切な利用を呼びかけた。

 会場を後にする時には、同署の15人の機動隊員がつくった「花道」を通り、日本代表のチームソング「ビクトリーロード」の合唱で送られたヘルは「最初は緊張しましたが、いい経験になりました」と笑顔。12日の開幕に向け「優勝が目標。ジャッカルやボールキャリーを見てほしいですね」と士気も一層、高まった様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月6日のニュース