東福岡、力発揮できず…広瀬主将「完敗でした」

[ 2020年1月6日 05:30 ]

第99回全国高校ラグビー 第6日   東福岡7―34桐蔭学園 ( 2020年1月5日    東大阪市・花園ラグビー場 )

決勝進出を逃し、涙の広瀬(左)ら東福岡フィフティーン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東福岡は昨年の選抜大会に続いて桐蔭学園に力負けした。チーム全体で厳しいトレーニングを積んできたが、ボールの争奪戦で圧倒された。主将のCTB広瀬は「桐蔭を超えるためにやってきたが、桐蔭はそれ以上に準備をしていた。本当に完敗でした」と潔かった。

 相手防御の圧力に屈してミスも目立ち、自慢のバックス陣は力を発揮できなかった。藤田雄一郎監督は「シンプル(なラグビー)で強いのが本当の強さ。桐蔭さんを見習って1年後に帰ってきたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月6日のニュース