箱根駅伝 神奈川大“切り札”越川を3区起用「区間賞を獲る」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

銀杏の木の前でガッツポーズする神奈川大の越川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 来年1月2、3日の箱根駅伝で5位以上を目標に掲げる神奈川大が横浜キャンパスで取材に応じた。大後栄治監督は「1、2区は我慢」と語り、3区で勝負を仕掛ける。切り札は前回2区(区間15位)の越川堅太(4年)だ。

 1メートル80の長身から生まれる大きなストライドを生かすため、高低差の少ない3区で起用の見通し。「往路は越川の出来で決まる」と期待した。越川も自身が1、2年時に走行した区間であることから3区を熱望。「区間賞を獲る準備は万端」と胸を張った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月16日のニュース