松山最終日はドロー 世界選抜奪冠ならず プレジデンツ・カップ

[ 2019年12月16日 05:30 ]

 男子ゴルフの米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ最終日は15日、メルボルンのロイヤルメルボルンGCでシングルスのマッチプレー12試合が行われ、松山英樹はトニー・フィナウと引き分けた。

 米国選抜は主将を務めたタイガー・ウッズ(米国)が勝利するなど、この日は6勝2敗4分けで通算得点16―14と逆転し、8大会連続制覇を果たした。松山は今大会2勝1敗1分けだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月16日のニュース