内村航平 環境変えて技術上げる 豪合宿へ出発へ

[ 2019年12月16日 05:30 ]

オーストラリア合宿を前に取材に応じる内村
Photo By 共同

 体操男子の個人総合で五輪連覇の内村航平(30=リンガーハット)が成田空港からオーストラリア合宿に出発した。8月の全日本シニア選手権以降、実戦から遠ざかっていることもあり、「環境を変えて、どれだけ自分の演技を高めていけるか」と約2週間の合宿のテーマを口にした。

 来年3月18日に自らの名を冠した「KOHEI UCHIMURA CUP」に出場すると、4月から東京五輪の国内選考会がスタート。「体操に対する情熱を捨てないでやっていけば、間違いなく道は開ける」と自国開催の夢舞台を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月16日のニュース