ナガマツ完敗…五輪代表へ前進も“世界の壁”痛感

[ 2019年12月16日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル最終日 ( 2019年12月15日    中国・広州 )

表彰式で笑顔の永原(左)、松本組
Photo By 共同

 女子ダブルスは世界選手権2連覇中の永原、松本組は大声援に後押しされる世界ランキング1位の中国ペアに完敗。直接対決で3連敗中だった強敵の素早い攻撃に対応できずに力負けし、松本は「負けるときは点数的にあっさり負けることが多い」と課題を口にした。

 東京五輪の代表入りへ向けて高いポイントを得た一方で、立ちはだかる世界の壁を痛感した。永原は「五輪も見据えながら中国、韓国勢を倒していかないと一番にはなれない」と金メダルへの道を思い描いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月16日のニュース