バドミントン日本、全種目で4強入り 朴コーチが総括評価

[ 2019年12月16日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル最終日 ( 2019年12月15日    中国・広州 )

男子シングルスで優勝した桃田(手前)とタッチを交わす日本代表の朴柱奉ヘッドコーチ
Photo By 共同

 日本代表の朴柱奉(パクジュボン)ヘッドコーチが今季を締めくくる最後の国際大会を終え「全種目で4強入りできたのが本当に良かった」と総括した。最終ゲームの劣勢をはね返して優勝した男子シングルスの桃田を「厳しい相手に5―12から逆転して、世界一の力が出せた」と絶賛。一方で、決勝で中国ペアに完敗した女子ダブルスの永原、松本組には「心配。大きな大会の決勝で自分の試合ができなかった。メンタルをどこまで強くできるかが大事」と奮起を促した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月16日のニュース