時差ぼけ何の!植草擁する千葉がV4「時の運もあるのでうれしい」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

空手 全日本選手権第1日 ( 2019年12月7日    高崎アリーナ )

笑顔でトロフィーと記念撮影する植草
Photo By スポニチ

 男女団体組手が行われ、女子(3人制)は東京五輪代表有力候補の植草歩(JAL)擁する千葉が4連覇を達成した。スペインでの国際大会から3日に帰国したばかりだった植草は、初戦こそ相手にポイントを許したが、準決勝、決勝は圧巻の8―0勝ち。

 「団体優勝は時の運もあるのでうれしい。時差ぼけはしんどかった」と話した。五輪代表選考が佳境を迎える中、組手は有力選手がこぞって欠場。そんな中で意地を見せ、5連覇を狙う8日の個人戦に向け「勝ち抜く大切さを学びたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月8日のニュース