16歳コストルナヤが首位発進 世界最高更新「全て予定通りにできた」

[ 2019年12月8日 03:00 ]

フィギュアスケートGPファイナル第2日 ( 2019年12月6日    イタリア・トリノ )

SP首位に立ったコストルナヤ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 首位発進したのは、16歳のコストルナヤ(ロシア)だった。自身が11月のNHK杯で出した世界最高得点を0.41点更新する85.45点をマーク。「全て予定通りにできてうれしい。楽しむことができた」と語った。

 シニア1年目。あまりの美しさとため息の出るような完成度の高い演技を持ち合わせ、ネット上では「コストルナヤ“美”」と称される。4回転はなくても、華麗なスケーティングを突破口に勝負のフリーに挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月8日のニュース