【写真特集】コストルナヤ世界新V “ロシア3人娘”表彰台独占 紀平は4位

[ 2019年12月8日 07:30 ]

フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル最終日 ( 2019年12月7日    イタリア・トリノ )

<グランプリファイナル第3日>(右から)犬を連れて表彰式に参加したトルソワと、優勝したコストルナヤ、2位のシェルバコワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーが行われ、SP6位と出遅れた昨季女王の紀平梨花(関大KFSC)は145・76点で4位、合計216・47点で4位だった。優勝はSP首位のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)がフリー162・14点、合計は世界最高記録を更新する247・59点だった。SP3位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が4回転ルッツを2度着氷してフリー162・65点、合計240・92点で2位。SP5位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が4回転4本を決め、フリー161・73点、合計233・18点で3位に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月8日のニュース