ザギトワ、今季ベストで2位発進 平昌五輪女王が「ゼロからのスタート」

[ 2019年12月8日 03:00 ]

フィギュアスケートGPファイナル第2日 ( 2019年12月6日    イタリア・トリノ )

SP2位につけたザギトワ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 平昌五輪女王のザギトワは好発進。ルッツ―ループの連続3回転ジャンプなど、全てのジャンプをクリーンに決め、今季の自己最高となる79.60点をマーク。2位につけ、「うれしい。ただ、自己ベストではないので改善の余地はある」と語った。

 同門の後輩3人が女子フィギュア界を席巻する中、存在感を示した17歳は「五輪女王ということは忘れた。ゼロからのスタート」と強調。フリーでも完成度で勝負する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月8日のニュース