松島&中村、WBSS決勝生観戦 松島「試合途中で鳥肌が立った」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

<WBSS井上尚弥・ドネア>観戦するラグビー日本代表の松島(左)と中村(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯日本大会で史上初の8強進出を果たした日本代表のWTB松島幸太朗(26)、CTB中村亮土(28、ともにサントリー)が観戦。

 井上尚の死闘を見つめた松島は「生で見るのは初めて。試合途中で鳥肌が立った。他競技で初めてのめり込んだ」と明かした。中村も「芯の強さ、内に秘めた強さを感じる。一番尊敬するアスリート。刺激を受ける」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月8日のニュース