シェルバコワ首位、ファイナル切符へ前進 トゥクタミシェワ4位、サモドゥロワ5位

[ 2019年11月8日 20:51 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・中国杯 ( 2019年11月8日    重慶 )

女子SPで首位に立ったロシアのアンナ・シェルバコワ=
Photo By 共同

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、第1戦スケートアメリカを制した15歳の新星アンナ・シェルバコワ(ロシア)が今季自己最高となる73・51点で首位に立った。後半の3回転ルッツでエッジエラーが付いたが、質の高いジャンプを見せてGPファイナル切符獲得へ前進。スケートアメリカでは4回転ルッツを2本決め、世界に衝撃を与えたフリーで逃げ切りを狙う。

 スケートアメリカ3位の15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(22=ロシア)は65・57点で4位だった。持ち味である冒頭の3回転半(トリプルアクセル)で転倒したが、3回転フリップ―2回転トーループの連続ジャンプ、3回転ルッツを決めた。今季GP初戦を迎えた昨季の欧州選手権を制したソフィア・サモドゥロワ(17=ロシア)は63・99点で5位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月8日のニュース