河本 Vでシード獲得だ 精神面成長実感「心のコントロールできるようになった」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

8日開幕 TOTOジャパンクラシック ( 滋賀県 瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

アプローチをミスし、苦笑いの河本
Photo By スポニチ

 2日まで行われた米ツアー最終予選会で9位となり、来季の出場権を獲得した河本はインコースを回って調整。時差ボケも徐々に解消され「受けグリーンで面白いコース。夏場不調だったパットも良くなってきた。手応えはある」と笑顔で話した。

 8日間のべ144ホールの長丁場だった予選会では緊張の連続だった。7日目にダブルボギー、トリプルボギーと続いたが、そこから6バーディーを奪うなどして立て直した。「心のコントロールができるようになった」と成長を感じている。来季の前半戦の出場権は確保しているが、米ツアーの公式戦を兼ねるこの大会で勝てば、来季のシードを獲得できる。「出たかった大会。勝ちたいです」。21歳が頂点を目指す戦いに臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月8日のニュース