W杯開幕戦日本先発メンバー総キャップ数「361」、経験値“4割減”

[ 2019年9月19日 08:20 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグA組   日本ーロシア ( 2019年9月20日    味スタ )

W杯開幕ロシア戦のメンバーを発表するジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ
Photo By スポニチ

 W杯開幕戦の日本の先発15人の総キャップ数は361で、前回大会初戦の南アフリカ戦の603に比べ国際試合での経験値は約4割減少した。

 ベテランのロック、トンプソンやSH田中が控えに回ったのが大きかった。総キャップ数自体は下回ったものの15年W杯後、スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズなどを通して経験を積み、強豪とも対戦。成果に注目だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月19日のニュース