向田また銀…東京五輪こそ「もっともっと強くなりたい」

[ 2019年9月19日 05:30 ]

レスリング 世界選手権第5日 ( 2019年9月18日    カザフスタン・ヌルスルタン )

女子フリー53キロ級決勝、優勝を逃し、がっくりの向田(手前)=撮影・会津 智海
Photo By スポニチ

 東京五輪予選を兼ねて行われ、前日、代表内定を決めた女子53キロ級の向田真優(22=至学館大)は決勝で敗れ銀メダルに終わった。

 向田は4月のアジア選手権決勝でも敗れたパク・ヨンミに再び敗れた。バックを取られローリングで4度回されて、Tフォール負け。「自分のペースをつくることができなかった」と涙が止まらなかった。

 55キロ級で2度世界一になりながら、53キロ級は17年に続く銀メダル。同級での世界一は東京五輪に持ち越しとなり「頑張ろうと思えるきっかけになった。時間はあるから、もっともっと強くなりたい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月19日のニュース