明生2敗並走 攻めで圧倒「対応できなくても…出ました!」

[ 2019年9月19日 05:30 ]

大相撲秋場所11日目 ( 2019年9月18日    両国国技館 )

石浦(右)を寄り切る明生(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 明生が石浦を寄り切って2敗を守った。右からの厳しい攻めで圧倒し「(石浦が)何かやってくるかもとは思いましたが、対応できなくても仕方ないと思って出ました」と思い切りの良さを口にした。

 今場所の活躍で、茨城県つくばみらい市にある部屋からの電車で「頑張って」などと2人から声を掛けられたことを明かし、「めったにないんで」と照れ笑いした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月19日のニュース