入江妹、非五輪階級55キロ決勝で涙 50キロ級姉に託す

[ 2019年9月19日 05:30 ]

レスリング 世界選手権第5日 ( 2019年9月18日    カザフスタン・ヌルスルタン )

女子フリー55キロ級決勝、優勝を逃し、がっくりの入江ななみ(右)=撮影・会津 智海
Photo By スポニチ

 非五輪階級の女子55キロ級決勝は、50キロ級で五輪枠を逃した入江ゆきの妹・ななみ(24=福井県スポーツ協会)が米国選手に3―5で競り負けた。

 観客席の姉の応援は「全部聞こえていました」といい、「ここまで来られたのも姉がいたから。ここで戦えて良かった」と涙。50キロ級への階級変更は考えておらず「そこは姉に行ってもらいたい」と五輪の夢を託した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月19日のニュース