白井、精彩さ欠き予選21位も明るさ失わず「楽しみながら戦いたい」

[ 2019年4月27日 05:30 ]

体操全日本選手権   第1日 ( 2019年4月26日    群馬・高崎アリーナ )

跳馬で華麗な演技を見せる白井(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 今季初戦に予定した3月のアメリカン・カップ直前に左足首を痛めた白井は精彩を欠いた。つり輪では力技で大きく動き得意の床運動でも着地で崩れる場面があり、あん馬では降り技で乱れた。昨年は首位通過した予選でまさかの21位に「思い通りにいかなかった」と淡々と話した。

 世界選手権代表入りには暗雲が垂れ込めた。それでも持ち前の明るさは失わず「痛みはない。どこまで上がれるか、自分への期待もある。楽しみながら戦いたい」と巻き返しを期した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース