AS・井村HC、乾&吉田の音感に太鼓判「双子みたいに似ている」

[ 2019年4月27日 05:30 ]

乾(右)を指導をする井村ヘッドコーチ (撮影・田中 和也)
Photo By スポニチ

 アーティスティックスイミング(AS)のジャパン・オープンの前日会見が26日、東京・辰巳国際水泳場で行われた。日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(68)は、デュエットテクニカル、フリーで表彰台を狙う乾友紀子(28=井村ク)、吉田萌(23=ザ・クラブピア88)について「足は双子みたいに似ている。今まで見た日本のデュエットの中で音感も最も良い」と太鼓判。

 中国ヘッドコーチ時代の教え子であるショウブンブン、テイテイ(32=中国)の双子ら世界トップ級のペアがそろう中、美脚を武器に真っ向勝負を挑む。一方でフリーで新プログラムに挑戦するチームに関しては「出来は厳しい。ガッツみたいなものがない」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース