B1新潟 チャンピオンシップ準々決勝の初戦落とす

[ 2019年4月27日 22:07 ]

 B1リーグ中地区で初優勝を飾った新潟アルビレックスBBは27日、ホームのアオーレ長岡で行われたチャンピオンシップ準々決勝で東地区3位のA東京と対戦し72―78で敗れ、2戦先勝方式の初戦を落とした。レギュラーシーズンを10連勝で締めくくった新潟にとって公式戦の敗戦は3月27日の川崎戦以来11試合ぶり。

 堅守を誇る昨季王者A東京の厳しいディフェンスに苦しんだ。前半は32―29とリードしながら、第3Qで逆転を許した後は一度もリードすることができなかった。Cダバンテ・ガードナー(27)は密着マークをものともせず30得点をマークしたが「ミスがあった自分を少し責めている。後半はA東京のプレーが素晴らしかった。勝てなかったことだけが悔しい」と話した。
 きょう28日に第2戦を行う。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース