伊調、川井梨と再戦濃厚 前回は伊調が残り10秒で劇的逆転勝利

[ 2019年4月27日 05:30 ]

2018年の全日本レスリング選手権の決勝で伊調(右)が逆転勝利
Photo By スポニチ

 6月の全日本選抜で伊調は世界女王・川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)との再戦が濃厚だ。昨年末の全日本選手権決勝では残り10秒で伊調が劇的な逆転勝ち。だが、リオ五輪63キロ級金メダリストで、世界選手権2連覇中の川井梨との対戦は「五輪決勝よりハイレベル」(日本協会・西口茂樹強化本部長)な厳しい戦いとなることは確実だ。

 伊調自身、全日本選手権の1次リーグでは川井梨に日本人相手の連勝を70で止められている。伊調が再戦でも勝てば、すんなり世界選手権代表となるが、川井梨が勝てば2人によるプレーオフで代表を決定する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース