内村、個人総合での代表選出消滅 世界選手権の男子5枠

[ 2019年4月27日 05:30 ]

体操全日本選手権   第1日 ( 2019年4月26日    群馬。高崎アリーナ )

アイシングしてもらう内村(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 世界選手権の男子の枠は5で全日本の予選、決勝、5月のNHK杯の3日間の合計で上位3人がまず代表に入る。内村は予選落ちでNHK杯に出場できないため、個人総合での選出は消滅。残り2人は6月の全日本種目別の予選と決勝の結果も踏まえ、団体総合で貢献度の高い選手を選考する。

 内村は鉄棒で全日本種目別にシードされているが、この日は得点を伸ばせず。床運動で全日本種目別出場の可能性もあるが、日本協会の水鳥寿思男子強化本部長は、「可能性は0ではないけど…」と厳しい状況を示唆した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース