内村「しんどい」心身の苦悩抱え、悪夢の予選落ち「今は何もやりたくない」

[ 2019年4月27日 05:30 ]

体操全日本選手権   第1日 ( 2019年4月26日    群馬・高崎アリーナ )

平行棒で落下し苦痛に顔を歪める内村(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 平成最後の全日本でキングが沈んだ。男子個人総合予選で、五輪連覇の内村航平(30=リンガーハット)は80・232点で37位となり、上位30人で争う28日の決勝に進めず。両肩痛を抱えての演技で、平行棒では左肩を再び痛めて落下するなど精彩を欠いた。世界選手権(10月、ドイツ)の個人総合での代表入りは消え、チーム貢献度での切符獲得も絶望的に。20年東京五輪を前に、厳しい現実に直面した。

 多くの報道陣に囲まれ、キングが自嘲気味に笑っていた。「失敗した時の方が人が多いのは嫌っすよね」。五輪、世界選手権の世界大会で8連覇、全日本も10連覇。平成の体操史に黄金のキャリアを刻んだ30歳が、平成最後の全日本で悪夢を見た。初出場だった05年以来の予選落ち。「まあ、練習通り。特に悔しいとかもない」。感情が揺れないほどの惨敗だった。

 両肩痛を抱え、精彩を欠く6種目。2種目目のあん馬で落下すると、5種目目の平行棒で左肩をバーで強打して落下した。「腕の感覚がなくなる感じ。力が入らなかった」。序盤から集中に欠ける内村を見て、平行棒の後に佐藤コーチは「ちゃんとやらないんだったら、やめた方がいい」と棄権を勧めたが、最終種目の鉄棒は強行。着地が止まる感覚でバーを離しながら、マットに両膝をついた。

 全盛期の16年リオデジャネイロ五輪前と比べると、練習は3割程度しかこなせなかった。練習不足を経験で補おうとしたが、不可能だった。「練習ができているなら引き出しを開けられるけど、ロックがかかっていた」。年齢を重ね、モチベーションがあっても体が動かない日が増加。「やる気はあるのにできないって意味が分かんない」と吐き捨てた。

 大会前、「しんどいっすね」と本音を漏らした。ミスのない好演技を積み重ね、世界の頂点に君臨してきた。今は練習すら完遂できない自分に、いら立ちを感じる。「しんどい」に含まれるのは、体だけでなく心のつらさ。「ミスが出るようになってイライラして。ミスが出ないことにこだわっていた。もっと泥くさく練習しても良かった」。理想と現実のギャップに苦しんでいる。

 08年北京五輪から11大会連続で日の丸を背負ってきたが、個人総合で3枠の世界選手権代表入りは消え、残り2枠での切符獲得も極めて厳しい状況になった。屈辱を糧に、輝きを取り戻せるのか。「今後につながんないっすね、これじゃあ。一年が今日で終わったって感覚。東京五輪は夢物語。今は何もやりたくない」。TOKYOへのカウントダウンが進む中、キングがかつてない逆風にさらされている。 

 ▼東京五輪への道 団体総合に出場する日本男子の枠は4。20年3~4月に行われる個人総合W杯のポイント合計上位3カ国に個人総合の出場枠が1つ与えられる。日本選手が枠を獲得した場合、4大会の得点で日本人最上位かつ全体3位以内の選手は五輪代表に決定。残りの選手は従来通りなら全日本選手権やNHK杯など国内大会で選考する。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース