谷川翔、連覇へまずまずの首位通過 代表入りへ手応えあり

[ 2019年4月27日 05:30 ]

体操全日本選手権   第1日 ( 2019年4月26日    群馬・高崎アリーナ )

あん馬で華麗な演技を見せハイタッチする谷川翔(右)(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 連覇が懸かる谷川翔(20=順大)が85.566点で首位通過。構成の難度を上げて臨んだ最初のあん馬で14.600点と「まずまず」のスタートを切り、「1回落ち着けて、自分のペースでいけた」と振り返った。

 昨年は初優勝しながら世界選手権代表を逃しており「今年は(代表を)考えたくなくても考えちゃう。その中で良い演技ができて、決勝につながります」と手応えを口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース