内村航平、出場権得た28日の種目別・床運動は棄権

[ 2019年4月27日 18:09 ]

体操・全日本選手権第2日 ( 2019年4月27日    群馬・高崎アリーナ )

<全日本体操個人総合選手権 予選>平行棒で落下し苦痛に顔を歪める内村(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 種目別のトライアウトが行われ、26日の個人総合で予選落ちを喫した内村航平(リンガーハット)は28日に種目別の床運動で出場権を得たが、棄権することになった。

 26日の平行棒の演技で左腕を痛めたためという。この日は学連枠で14人が個人総合の演技を行い、内村の予選順位は37位から40位に。また、21位だった白井健三(日体大大学院)も22位となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月27日のニュース