旭川龍谷 先制トライも…39年ぶりの全国1勝遠かった

[ 2018年12月27日 14:14 ]

第98回全国高校ラグビー第1日・1回戦   玉島26―5旭川龍谷 ( 2018年12月27日    東大阪市・花園ラグビー場 )

<全国高校ラグビー 玉島・旭川龍谷>前半、タックルをかわしてゲインする旭川龍谷・湯口(撮影・北條 貴史)  
Photo By スポニチ

 第98回全国高校ラグビー大会が開幕し、39年ぶり3度目出場の旭川龍谷(北北海道)は玉島(岡山)に5―26で敗れ、39年ぶりの白星はならなかった。前半22分に中央からパスを受けたFB湯口龍雅主将(3年)が右中間に先制トライを決めたが、得点はその5点に終わった。湯口主将は「先制トライを決めることができて良かったが…。全国は甘くなかった」と涙を拭った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース