ナゲッツが西地区全体首位から陥落 マーベリクスは連敗を6で阻止

[ 2018年12月27日 15:05 ]

ナゲッツのヨキッチをマークするスパーズのバターンズとパートル(AP)
Photo By AP

 NBAは26日に各地で10試合を行い、ナゲッツは敵地サンアントニオでスパーズに103―111(前半53―55)で敗れて21勝11敗。西地区全体首位の座を試合がなかったウォリアーズ(23勝12敗)に譲り、0・5ゲーム差の2位に陥落した。

 フォワードのフアン・エルナンゴメス(23)が27得点をマークしたものの、ナゲッツの快進撃に貢献してきたセンターのニコラ・ヨキッチ(23)は4得点、ガードのジャマール・マーリー(21)は9得点にとどまった。ヨキッチとマーリーは2人併せて24本のフィールドゴールを試みたが、成功したのは5本のみ。主力に精彩を欠いてチームは4連勝のあと連敗を喫した。

 スパーズは19勝16敗。ディマー・デローザン(29)が30得点をたたき出し、ここ10戦で8勝目を挙げた。

 ペリカンズに勝ったマーベリクスは連敗を6で阻止。ネッツは再延長の末にホーネッツを振り切って、ここ10戦で9勝目を挙げた。ヒートはラプターズに競り負けて連勝は5でストップ。東地区全体3位に順位を上げてきたペイサーズはホークスを退けて3連勝を飾っている。

 <その他の結果>

*ピストンズ(16勝16敗)106―95ウィザーズ(13勝22敗)

サンズ(9勝26敗)122―120(延長)*マジック(14勝19敗)

ラプターズ(26勝10敗)106―104*ヒート(16勝17敗)

ペイサーズ(23勝12敗)129―121*ホークス(9勝24敗)

*ネッツ(17勝19敗)132―132(再延長)ホーネッツ(16勝17敗)

ティンバーウルブス(16勝18敗)119―94*ブルズ(9勝26敗)

*グリズリーズ(18勝16敗)95―87キャバリアーズ(8勝27敗)

*マーベリクス(16勝17敗)122―119ペリカンズ(15勝20敗)

*クリッパーズ(20勝14敗)127―118キングス(18勝16敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース