【清鶴敏也の目】実力かなり高い天理 勢い侮れない常翔学園

[ 2018年12月27日 09:52 ]

第98回全国高校ラグビー大会

 【清鶴敏也の目】Aシードは選抜大会優勝の桐蔭学園、同準Vの大阪桐蔭、東福岡に決まった。ただ、東福岡と天理をどう評価するのかは苦労をした。国民体育大会は、単独チームで出た御所実が、同じく単独で出た東福岡を破って優勝した。その御所実に、天理が奈良予選で勝利した。天理をBシードとしたが、実力はかなり高いと見ている。

 Bシードの流通経大柏(千葉)は今夏の7人制大会を制しており、台風の目になる可能性を秘めている。初戦で早実と当たることになれば、面白いカードになる。

 常翔学園は大阪予選で完璧な試合をして、前年度Vの東海大仰星に土を付けた。今の勢いは侮れない。ただし、同じブロックにいる黒沢尻工(岩手)はバランスが取れたいいチーム。3回戦でBシード対決になれば、好勝負が期待できそうだ。

 シード漏れの京都成章(京都)、石見智翠館(島根)、大阪朝鮮高(大阪第2)、尾道(広島)は波乱を起こす力を秘めている。(同志社香里監督、大会シード委員長)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース