全国高校ラグビー開幕!大津緑洋・末次主将、選手宣誓の大役も「自分の世界に入った」

[ 2018年12月27日 11:54 ]

第98回全国高校ラグビー大会 ( 2018年12月27日    花園 )

<高校ラグビー>開会式で選手宣誓する大津緑洋・末次主将
Photo By スポニチ

 ラグビーの第98回全国高校大会が27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。開会式では参加51校を代表して大津緑洋(山口)のSH末次遥人(はると)主将(3年)が選手宣誓した。

 宣誓は1分30秒近くに及んだが、チームメートの前などで約50回練習を重ねてきた成果は十分。「いざ、言ってみたら自分の世界に入ったのでそんなに緊張することはなかったです。51校の代表に選んでもらえてありがたいです」と笑顔で大役を終えた。

 <選手宣誓全文>

 宣誓、ラグビーを愛し、ラグビーにおいて育てられた私たちはこの新たな聖地、花園ラグビー場において世界中の方々に感動を届けます。品位、情熱、結束、規律、尊重、ラグビー憲章に掲げられている5つの言葉を胸に刻み、この地で培われた数多くのドラマと栄光を継承しながら愛と勇気を持ってプレーします。苦しい時、励まし合った仲間たち、地方予選でともに戦ってくれた他校の選手たち、力強くサポートしてくださった地域の方々、支えてくださったすべての方への感謝を胸に一丸となってトライを目指し、全国のラガーマンと友情のスクラムを組むことで最高の舞台でラグビーができる喜びを世界中に配信することを誓います。平成30年12月27日、選手代表、山口県立大津緑洋高等学校ラグビー部主将、末次遥人

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース