貴景勝、千賀ノ浦部屋移籍後初稽古 新拠点「不思議な感覚」

[ 2018年12月27日 05:30 ]

朝稽古で下半身を鍛える貴景勝
Photo By 共同

 新関脇・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)が旧貴ノ花部屋から移籍して初めて都内の同部屋で稽古を行った。10月の移籍直後から冬巡業に出て、東京に戻らず九州場所を迎えた。新拠点で汗を流し「不思議な感覚。ここで頑張っていくんだなという気持ち。広いんで体を動かしやすい」と感想を口にした。

 稽古後は国技館で、赤ちゃん抱っこのイベントに参加。1400人のファンが集まる中、役力士10人の中で最も人気を集め「子供大好きなので子供に元気もらいました」と笑みをこぼした。きょう27日にも相撲を取る稽古を開始する。初場所へ一段ギアを上げ「いいスタートできるように頑張りたい」と気合を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース