白鵬、終始すり足などの基礎運動 報道陣の問いかけに応じず

[ 2018年12月27日 05:30 ]

稽古で汗を流した白鵬
Photo By 共同

 右膝などの負傷で九州場所を全休し、2場所ぶり42度目の優勝へ再起を期す白鵬は東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を行い、てっぽうやすり足などの基礎運動に終始した。

 だが相撲は取らなかった。午後は力士会に出席後、日本相撲協会のファンサービス企画である「赤ちゃん抱っこ記念撮影会」に参加した。親子らと笑顔で写真に納まったが、終了後は報道陣の問いかけに応じず引き揚げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月27日のニュース