錦織またもVお預け サーブで苦戦 ツアー決勝9連敗

[ 2018年10月29日 05:30 ]

男子テニス エルステバンク・オープン ( 2018年10月28日    ウィーン )

試合中に厳しい表情を見せる錦織(AP)
Photo By AP

 シングルス決勝が行われ、世界ランキング11位で第5シードの錦織圭(28=日清食品)は、同8位で第2シードのケビン・アンダーソン(32=南アフリカ)に3―6、6―7で敗れて準優勝に終わった。ビッグサーバーのアンダーソンの第1サーブを攻略できず、ツアー決勝はこれで9連敗。16年2月のメンフィス・オープン以来となる通算12勝目はまたしてもお預けとなった。

 錦織には見えない鍵がかかっているのか。優勝の扉に手をかけているのにどうしてもそれが開かない。「気にはしていない。自分らしいプレーをしっかりと出すだけ」と決勝での連敗について語っていたが、これで9連敗を喫し、2年8カ月ぶりの優勝をまたしても逃した。

 今大会は好調なプレーぶりだったが、それでもアンダーソンの強力なサーブに対抗できなかった。相手の第1サーブで得点できたのは43本中わずか4本、ポイント獲得率は9%にとどまった。第2セット終盤まで逆を突かれてエースを許すなど読み切れず、マッチポイントでもリターンで触るのがやっと。第2セットはブレークポイントすら与えてもらえない完敗だった。

 対照的に錦織はサービスキープに苦労した。特に第1セット序盤は最初のサービスゲームからブレークポイントを与え、さらに第4ゲームでは相手に5度のブレークポイントを与えて、14分を費やした末に落とした。

 過去4勝2敗と勝ち越していたアンダーソンとの対戦成績も関係なく、今季強さを見せていたタイブレークでも勝てなかった。ただし準優勝のポイントを上積みし、最終戦のATPツアー・ファイナル(11月、ロンドン)に向けてはまた一歩前進した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース