名城大が連覇 1年生和田&高松が力走 全日本大学女子駅伝

[ 2018年10月29日 05:30 ]

全日本大学女子駅伝 ( 2018年10月28日 )

 弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間、38キロで行われ、名城大が2時間5分26秒で2年連続3度目の優勝を果たした。大東大が2時間6分0秒で前回大会に続いて2位。通算10度優勝の立命大が2時間6分4秒で3位だった。4位から東農大、松山大、京産大、大阪学院大と続き、8位の大阪芸大までが来年の出場権を得た。

 名城大が危なげないレース運びで2年連続優勝を果たした。米田監督は「連覇するために1年間やってきた。うれしい」と感慨に浸った。光ったのが1年生の力走。1区で和田が区間賞をマークし、3区では高松が優勝への道筋をつけた。1500メートルの日本選手権女王は軽やかな走りでトップとの23秒差を逆転し、2位に43秒差をつけた。4区の松沢も安定感ある走りで、流れを離さなかった。高松は「これで終わりじゃない。2冠をしたい」と早くも12月の全日本大学女子選抜駅伝をにらんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース