比嘉、賞金シード持ち越し 好発進も足踏み「悔しい」

[ 2018年10月29日 05:30 ]

男子ゴルフツアー・マイナビABCチャンピオンシップ最終日 ( 2018年10月28日    兵庫県 ABCGC=7217ヤード、パー72 )

ティーショットを放つ比嘉(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 首位に4打差の5位から出たルーキーの比嘉は、連続バーディーを奪うなど好スタートを切ったが、中盤以降ティーショットの乱れから足踏み。通算8アンダーの6位と順位を落とし、単独3位以上で確定した初の賞金シード獲得は持ち越しとなった。「悔しい思いの方が大きいです。地元での試合は貴重な体験。そこでもしっかり上位に」。

 今週は地元・沖縄開催のHEIWA・PGM選手権。初シードは故郷で決める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース