稀勢の里 V争いは「最低条件」 九州場所激励会で決意

[ 2018年10月29日 19:36 ]

九州場所激励会で乾杯する稀勢の里
Photo By スポニチ

 田子ノ浦部屋の九州場所激励会が29日、福岡・大野城市であり、横綱・稀勢の里や大関・高安らが地元後援者らに活躍を誓った。昨年の九州場所を途中休場した稀勢の里は「去年は悔しい思いをした。雪辱を果たせるよう、一生懸命頑張りたい」とあいさつ。報道陣から優勝争いについて聞かれると「それは最低条件」と、責任感をにじませた。

 一方、高安はあいさつで「(秋)巡業で各地をまわり、たくさんのファンに激励してもらった。改めてファンの大切さを知りました。恩返しできるように相撲道に精進したい」と、九州場所への決意を披露した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース