伊藤美誠 引退の福原愛さんに感謝し「自分らしい道を切り開いていきたい」

[ 2018年10月29日 11:53 ]

卓球の伊藤美誠は欧州の2試合に向けては関西空港から出発
Photo By スポニチ

 卓球の伊藤美誠(18=スターツ)が29日、ワールドツアー・スウェーデンオープンとオーストリアオープンの2試合の出場に向けて関西空港から出発した。

 自身の18歳の誕生日だった21日に、競技の偉大な先輩、福原愛さんが引退を表明した。2歳で卓球を始めた時に、最初に手にしたのが福原愛モデルのラケットだった。また、リオデジャネイロ五輪では一緒に団体で銅メダルを獲得した。改めて感謝の思いを口にすると同時に、抜けた穴を埋めようと、背伸びをしないことが大事だと言い聞かせた。

 「今の卓球界は福原さんが切り開いた道だと思う。そこから自分らしい道を切り開いていけるようになりたい。いつもの自分で戦って行けたら。環境も気持ちも変わっていないので、いつも通り他の選手と切磋琢磨していきたい」

 世界ランキング4位の石川佳純、同9位の平野美宇ら有力選手が新設の国内プロリーグ「Tリーグ」に出場しているが、同8位の伊藤は参加を見送った。その分、練習を積んだ。「自分らしい道」の言葉通り、信じた道を進み、東京五輪の金メダルを目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース