キャバリアーズがルー監督を解雇 3季連続ファイナル進出も今季は開幕6連敗

[ 2018年10月29日 13:39 ]

解任となったキャバリアーズのルー監督(AP)
Photo By AP

 NBAキャバリアーズが28日、ティロン・ルー監督(41)を解雇した。同監督は2016年1月22日、デビッド・ブラット前監督(59)の解雇に伴ってアシスタントコーチから指揮官に昇格し、そのシーズンのファイナル制覇に貢献。監督としては3季連続でチームをファイナル進出に導いた。

 しかしチームの大黒柱だったレブロン・ジェームズ(33)がレイカーズに移籍した今季は開幕から6連敗。若手の起用を希望していたコービー・オルトマンGM(36)とは考え方の相違があったようで、あくまでベテラン中心の起用を続けていた。

 監督としての通算成績は128勝83敗。今後はホークスとバックスで監督経験があるラリー・ドリュー・アシスタントコーチ(60)が監督代行として陣頭指揮を執ることになった。

 なおこの日、サンダーがサンズに勝って5戦戦目で初白星を挙げたため、開幕から13日目を経過して一度も勝っていないのはNBA全30チームの中でキャバリアーズだけになった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月29日のニュース