ウッズ、年内休養…腰手術、来年初めの復帰目指す

[ 2015年9月20日 05:30 ]

タイガー・ウッズ

 男子ゴルフ元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)は18日、自身の公式サイトで腰の手術を受けて年内は休養すると発表した。

 出場予定だった来季の米ツアー開幕戦、フライズコム・オープン(10月15日開幕・カリフォルニア州ナパ)は欠場し、来年初めの復帰を目指すという。腰の手術は14年3月に続いて2度目。16日に神経を圧迫していた椎間板のかけらを除去し、17日に退院。39歳のウッズは「確かに落胆しているが、私は戦士。完治できると疑っていない」とコメントした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月20日のニュース