南アでも速報 日本代表称賛「勇敢な桜たち」「命懸けでタックル」

[ 2015年9月20日 16:06 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本が過去2度の優勝を誇る南アフリカを破った試合について、南アのメディアは「史上最大の番狂わせ」と速報、「容易な開幕戦と思っていた人たちが打ちのめされた」と驚きを込めて伝えた。敗れた南アチームへの批判よりも、日本の健闘をたたえる論調が目立っている。

 オンラインニュースサイト「ニュース24」は試合では「南アは主導権を握れなかった」と分析。日本代表を「勇敢な桜たち」と形容し「命懸けでタックルし、ラグビーファンの記憶に永遠に残る勝利を手にした」と手放しで称賛した。

 日曜紙サンデー・タイムズ電子版は「南アは勝利を期して試合を始めたが、日本は威圧されることがなかった」と伝え、日本チームの戦いぶりに敬意を表した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月20日のニュース