デー、ツアー最少記録タイで独走態勢に笑顔「うれしい」

[ 2015年9月20日 05:30 ]

USPGAツアー BMW選手権第2日

(9月18日 米イリノイ州レークフォレスト コンウェーファームズGC=7198ヤード、パー71)
 63で回ったジェーソン・デー(27=オーストラリア)が通算18アンダーで首位をキープ。124ストロークは初日から36ホールのツアー最少記録に並んだ。

 デーが独走態勢を築いた。第1ラウンドは米ツアー最少記録に2打及ばなかったものの61をマーク。第2ラウンドは63で、合計124は36ホール目までのツアー記録に並んだ。

 第2ラウンドの最終18番では13メートルのイーグルパットを決めて大歓声を浴び「いいプレーができてうれしい」と笑顔で応えた。8月の全米プロ選手権でメジャー初制覇を果たすなど最近出場した5戦で3勝。今週勝てば、初めて世界ランキング1位となる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月20日のニュース