ホストの貫録見せた遼、新たな決意「自分のゴルフを大きくできるよう」

[ 2015年9月20日 16:47 ]

<ANAオープン最終日>18番、ラフからセカンドショットを放つ石川

男子ゴルフツアー ANAオープン最終日

(9月20日 北海道北広島市 札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース=7063ヤード、パー72)
 大会ホストの石川遼が、同じ北海道で開催された昨年7月の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」以来となる1年2カ月ぶりの勝利。ウイニングパットを沈めると、右手を挙げて、笑顔でギャラリーの拍手に応えた。

 大会初日が24歳の誕生日。優勝インタビューでは「誕生日プレゼントみたいなラッキーなプレーが続いた」と苦笑いで振り返ったが、最後は力で勝利を呼び寄せた。2位に2打差をつけて迎えた18番、第1打を右の林に曲げたが、第2打は絶妙なアプローチを披露。ラッキーではなく米国仕込みの技術で切り抜けて見せた。

 「今日のプレーをきっかけにまた一つ自分のゴルフを大きくできるように頑張っていきたい」。笑顔の中に、にじんだ決意。そこにはホストプロとしての貫録が備わっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年9月20日のニュース