復帰の内村V4、世界体操へ課題も 全日本シニアで4冠

[ 2015年9月20日 19:52 ]

全日本シニア男子個人総合で優勝した内村航平の平行棒

 体操の全日本シニア選手権は20日、福井県の鯖江市総合体育館で行われ、男子個人総合は左肩痛から回復して4カ月ぶりに実戦復帰した内村航平(コナミスポーツク)が6種目合計91・550点で4連覇を達成した。世界選手権(10月23日開幕・英グラスゴー)に向けて自己最高難度の演技構成を試したが、あん馬で落下、跳馬では着地が乱れるミスが出て課題も残した。

 内村はチームの7連覇に貢献した団体総合、種目別の床運動、平行棒と合わせて4冠に輝いた。

 世界選手権代表の田中佑典(コナミスポーツク)は右手首に違和感が出たため、大事を取って棄権した。

 女子個人総合は美濃部ゆう(朝日生命)が4種目合計55・150点で3連覇を果たした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月20日のニュース