南ア撃破にエディーHC興奮「W杯史上最高の試合」「8強が私の仕事」

[ 2015年9月20日 03:26 ]

南アフリカに勝ち、歓喜のラグビー日本代表(AP)

ラグビーW杯イングランド大会第2日 日本34―32南アフリカ

(9月19日)
 新たな歴史を刻んだ。日本代表のエディー・ジョーンズHCは試合後「本当に信じられない。きょうはいいプレーができると思っていたが、日本のラグビーにとって素晴らしい日だ。W杯で南アフリカに勝ったのだから特別な気持ち。W杯の歴史の中でも最高のゲームだと思う。まだ終わっていない。ベスト8にいかないといけない。それが私の仕事」と興奮気味に語った。

 世界ランキング3位の南アフリカに対し、日本は同13位。格上の相手に対し「日本は体格が小さいので、ボールを動かし、懸命なことをする。そして相手にトラブルを与えるようなことをしなければならない」と挑んだ。

 そして手にした“大金星”。「このためにやってきた。ラスト3分は両足がつって大変だったが、周りの選手がよく動いてくれた」とリーチ主将。歴史的な1勝に「もちろんうれしい」としながらも「一回切り替えてスコットランド戦に向けて、いい準備をしたい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月20日のニュース