精密キックで24点…五郎丸、快進撃誓う「この先もっと大きなものを…」

[ 2015年9月20日 15:55 ]

<日本・南アフリカ>後半、トライを決めた五郎丸(左)
Photo By スポニチ

ラグビーW杯イングランド大会 1次リーグB組 日本34―32南アフリカ

(9月19日 ブライトン)
 史上最大ともいえる奇跡を起こした日本代表。2点のビハインドで前半を折り返したが、後半2分にFB五郎丸が左中間からのPGを決めて逆転。すぐさま逆転を許したが、再逆転して歓喜の瞬間を迎えた。

 精密なキックで24得点を挙げ、勝利の立役者となった五郎丸は「世界中のファンは、日本が勝つなんて誰も思ってなかったと思いますが、選手たちは信じていました」ときっぱり。その根拠として挙げたのが4年間のハードワークで「それだけきついことをしてきたので、本当に結果を出せてうれしい」と感慨にふけった。

 歴史を変えた一戦。それでもこれで満足するつもりはない。「この先もっと大きなものを変えて日本に帰国したい」。次戦は23日(現地時間)のスコットランド戦だ。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年9月20日のニュース