李娜 ブシャール下し決勝進出 全豪オープン第11日

[ 2014年1月23日 13:21 ]

全豪オープン女子シングルス準決勝、2年連続の決勝進出を果たした第4シードの李娜(中国)

 テニスの四大大会、全豪オープン第11日は23日、メルボルンで行われ、女子シングルス準決勝で昨年準優勝の第4シード、李娜(中国)が6―2、6―4で初出場のウージニー・ブシャール(カナダ)を下し、決勝に進んだ。

 男子ダブルス準決勝はエリック・バトラック(米国)レイベン・クラッセン(南アフリカ)組が6―2、6―4でダニエル・ネスター(カナダ)ネナド・ジモニッチ(セルビア)組に勝ち、四大大会で初めて決勝に進んだ。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース