ウッズが今季初戦 ツアー最多勝へあと3「調子はすごくいい」

[ 2014年1月23日 14:25 ]

 米男子ゴルフツアーの歴代最多勝利にあと3と迫るタイガー・ウッズ(米国)が、23日開幕のファーマーズ・インシュアランス・オープンでシーズンの初戦を迎える。22日はカリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGCを回り「グリーンが例年よりずっと硬い。フェアウエーに打つことが鍵」とコースの状態を確認した。

 ジュニア時代から慣れ親しんだコースで、この大会だけで昨年までに7勝。2008年全米オープン選手権でも勝った得意の場所だ。距離が長く攻略は簡単ではないが「難しいのは僕にとっていいこと。ショットの調子はすごくいい」と余裕の笑みを浮かべた。

 昨季5勝を加えたウッズは現在、米ツアー通算79勝。1936年から65年までに82勝したサム・スニード(米国)の最多記録を視野に入れる。38歳のスーパースターは「スニードの記録は特別。(ツアーで)30年も活躍したのは本当に素晴らしい。僕はまだ20年足らずだが、実績は誇りに思う。(82勝は)大きな意味がある」と偉業への意欲を語った。

 ウッズが最もこだわるメジャーでの優勝は08年の全米オープンを最後に15勝目が遠い。こちらはジャック・ニクラウス(米国)の歴代最多18勝まであと4。「僕のゴルフ人生はまだ終わっていない。40代でメジャーを勝った選手はたくさんいる」と闘志を隠さなかった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース