藍「出るからには優勝を」、上原意気込む 23日から米女子開幕戦

[ 2014年1月23日 09:47 ]

プロアマ戦で新キャディーと談笑しながらフェアウェーを歩く宮里藍

 米女子ゴルフツアーは23日にバハマ・パラダイス島で行われるピュアシルク・バハマ・クラシックでシーズンが始まる。開幕前日の22日は出場する宮里藍、上原彩子、野村敏京が会場のオーシャンクラブGCで最終調整した。

 昨年は優勝がなかった宮里藍はプロアマ戦でコースを確認し「出るからには優勝を目指したい」ときっぱり。2006年に米国を主戦場として以来、初めてキャディーが替わり「新しいことに挑戦するタイミングだった」と心境を説明した。米ツアー本格参戦2年目となる上原は「いい一年にしたい」と開幕戦に意気込んだ。

 宮里藍はポーラ・クリーマー(米国)らと同組で、23日午後(日本時間24日未明)に第1ラウンドをスタート。米女子ツアーは11月下旬の最終戦まで32戦が予定されており、昨年から五つに増えたメジャーは4月から9月にかけて行われる。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース